×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





 ウリの壺 - ホームガーデニングで育てよう!









トマトの育て方

トマトの育て方

トマトとは?

トマトは、アンデス原産のナス科の植物です。実の大きさは100g〜1kgになる場合もあります。明治時代から栽培されていたそうです。

一般的な品種を選べば、簡単に収穫することができます。家庭菜園の定番野菜です。国内で一番人気のある野菜の1つです。




〜正式名称について〜

学名:Solanum lycopersicum L.
英語名:tomato
和名:トマト、赤茄子
   

トマトの育て方 オレンジトマト


栽培方法

時期 育て方
3月中〜4月中土の準備

土の準備

植え付け前、2週間くらい前までに苦土石灰を1m²あたり200g施肥します。

肥料の施肥量は、品種や条件によって異なります。以下の基肥の施肥基準の一例と、肥料の袋の説明書きに従って検討してください。

10aあたりの基肥の施肥基準の一例
N:P2O5:K2O=20:25:20(kg) + 堆肥2トン

10aあたりの追肥の施肥基準の一例
N:P2O5:K2O=10:5:10(kg)


目安ですが、1m²あたり、牛糞たい肥を2kgか鶏糞たい肥1kgと、化成肥料(10:10:10)を200g程度まいて、よく耕しておきます。(肥料の使用量は袋の説明書きに従ってください。また、栽培していく中で、ご家庭で独自のベストな分量を見つけてみてください。)

深さは20〜30cmくらいの深さまで耕します。肥料と一緒に、バークや腐葉土などの有機質の土壌改良材を混ぜると、土がふかふかした状態をある程度期間、維持することができます。


2月上〜3月上種まき
種まき

室内や温室などで発芽させます。土は薄く被せます。

30度程度が発芽しやすくいい温度です。25度程度の場合は、1,2週間かかります。太陽光が当たれば土はすぐに30度程度にあがりますので、太陽光を利用するといいと思います。
2月中〜5月上苗を育てる
苗を育てる

家庭で苗を育てる場合は、徒長に注意です。日数に応じて、本葉の数が増えます。できるだけ多く増えている方が望ましいです。

徒長は夜間の気温の高さが問題です。屋外やビニールハウスは夜は気温が下がります。トマトは一時的になら5度程度までは耐えられると言われています。室内では夜でも20度近い気温があると思いますので、夜間、光がないのに温度が高いので間伸びしてしまいます。

また、根がはりすぎて古くなってしまったものや、開花して実がついてしまったものは時間が経ちすぎです。


4月中〜5月下、6月植え付け
植え付け

目安ですが、畝幅60cm、株間40cmぐらいとします。アーチ型支柱ややぐらを組み、茎を支柱に固定していきます。最初は、仮支柱といって60cm程度の支柱で一度仮止めしておいて、あとで、やぐらを組みます。

低温時期には、マルチを貼って植えつけると成長がスムーズです。また、ビニールで囲いを作るとさらに成長がよくなります。

地温が上昇し、早くから収穫が可能です。

5月上〜7月下、9月育成、開花、着果
成長、開花、着果

植え付け後1週間は成長が止まります。

低温時期はじわじわと成長して、 気温が上昇すれば、一気に爆発的に成長します。

トマト(大玉)はわき芽は取らないと、花落ちして、実がならないことがよくありますが、品種により、許容出来る枝数に違いがあります。また、あまりに枝数が多いと実が小さくなりますので、除去します。

花は開花すれば、ほとんどなにもしなくても実が着果します。

低温や低日照で株が大きくなっていないとき また、高温時期に受粉障害がおきるようです。
摘心
整枝、仕立て

おもに、トマト(大玉)の場合は、多くても3本仕立てくらいがいいと思います。

それに合わせて、わき芽を除去したり、枝をカットしたりします。放任栽培にすると、花落ちが増えます。一度、花落になった場合は葉をカットして、再び実をならせる作業が必要です。
5月下〜9月追肥
追肥

追肥は気温が上昇し始め、実がなりはじめたころから行います。寒い時に追肥をする必要はありません。

株元から、葉の先端付近の地面に追肥を行いますが、肥料の種類に応じて追肥の場所、回数、量を調節します。

葉の成長具合に応じて、回数、分量を調整してください。 正常に育っていれば、大きな葉が伸びてくるはずです。

とにかく、こまめな観察が必要です。蛾の幼虫が実を食べている時は、肥料が効きすぎている合図です。ある程度は仕方がありません。たとえ、無施肥でも食べられる時は食べられます。

ただ、追肥は天気予報を見ながら行うべきです。雨が降ると一気に栄養が届きます。また、その雨で肥料の効果は切れてしまいます。
5月下〜10月収穫
収穫

開花後45日程度で収穫できると言われています。温度によります。また、品種によります。

赤いもの、真っ赤なもの、緑が残るもの、これらは作業予定に合わせて収穫します。緑が残れば追熟できます。

収穫し遅れ気味くらいの方が甘さがのって美味しいです。
トマト(大玉)は硬い品種では、とり遅れても、実が腐ることが少ないです。
10月中〜11月中栽培後半の管理
栽培後半の管理

夏場は一時的に実がつかなくなったり、肥大しない、赤くならない現象がおきます。

夏を越えて寒くなると、茎が太く、皮が分厚くなります。甘みも減ってくると思います。

トマトの味が落ちてきて、また、寒くなると成長が悪くなり、赤くなるのに非常に時間がかかります。

こういう時は、室内で追熟したほうが早いと思います。冬場には枯れないだけで残っているという感じで成長は止まります。

早く除去して、他の野菜を植えないとその場所が来年の春まで無駄になってしまいます。通常は8月でトマト(大玉)の栽培は終了します。






病気の症状と生理障害




主な害虫

テントウムシダマシ、アブラムシ、ヨトウガ、タバコガ、コナジラミ、ハダニ、、


主な品種



栽培時のポイント

気温が上がればうまくいきます。

肥料分が切れないように追肥を与えてください。


トマトの育て方


食べ方

生食、煮物、ソース、炒め物にすることができます。


トマトの育て方 食べる










おすすめ商品は↓こちらから!


DC-HOUSE 12-24VDC 400W 風力発電機本体コントローラー付け

ゴキブリがいなくなるスプレー 200mL (防除用医薬部外品)




ゴーヤー水耕栽培公園、緑地モノクロ現像、カラー現像、フィルムカメラ山林熱帯魚の病気、飼い方海釣り公園海岸、浜、港水槽レイアウト菜の育て方壁、外壁、塀中古品(円)、スペック、レンズ構成(群、枚)、重さ、作例、写り、口コミ通販ショップ(円)、混泳可能、飼い方/育て方、エサ、温度、pH、gH、レイアウト