×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





 ウリの壺 - ホームガーデニングで育てよう!









ヘチマの育て方

ヘチマの育て方

ヘチマとは?

ヘチマは、インド原産のウリ科の植物です。実の大きさは500g〜1kgになる場合もあります。江戸時代から栽培されていたそうです。

とても広い場所を使いますが、グリーンカーテンなどで使うと、けっこう収穫することができます。今年は、へちまでグリーンカーテンなどはいかがでしょうか?



ヘチマの育て方 ヘチマの実



〜正式名称について〜

学名:Luffa cylindrica (L.) Roem.
英語名:Luffa, Loofah, Loofa
和名:ヘチマ
   


栽培方法

時期 育て方
3月中〜4月中土の準備

土の準備

植え付け前、2週間くらい前までに苦土石灰を1m²あたり200g施肥します。

肥料の施肥量は、品種や条件によって異なります。以下の基肥の施肥基準の一例と、肥料の袋の説明書きに従って検討してください。

10aあたりの基肥の施肥基準の一例
N:P2O5:K2O=12:15:12(kg) + 堆肥3トン

10aあたりの追肥の施肥基準の一例
N:P2O5:K2O=19:11:16(kg)


目安ですが、1m²あたり、牛糞たい肥を3kgか鶏糞たい肥1.5kgと、化成肥料(10:10:10)を120g程度まいて、よく耕しておきます。(肥料の使用量は袋の説明書きに従ってください。また、栽培していく中で、ご家庭で独自のベストな分量を見つけてみてください。)

深さは20〜30cmくらいの深さまで耕します。肥料と一緒に、バークや腐葉土などの有機質の土壌改良材を混ぜると、土がふかふかした状態をある程度期間、維持することができます。


4月上〜5月上種まき
種まき

発芽には高温が必要です。十分に気温が高くなってから種まきします。
4月下〜5月中苗を育てる
苗を育てる

気温が低い時はかなり大変だと思います。十分に気温が上がって遅めのスタートのほうが簡単だと思います。

本葉が4,5枚になるくらい育苗します。


5月上〜5月下植え付け
植え付け

カーテンにするということですと、2,3mの場所に2,3本ぐらいとします。あとはネットを2Fに張ってつるをのばします。

5月中〜8月下育成、開花、着果
成長、開花、着果

植え付け後は風で伸びた茎が折れないように注意が必要です。短い支柱で固定してやるなどの対策が必要です。

植え付け後は、何もせずに栽培ができます。

摘心
摘心

張りめぐらしたい場合には摘心をするといいです。ただし、十分に気温があがってから摘心をしないと、枯らしてしまうくらい株を弱らせてしまいますので気をつけてください。

6月上〜9月追肥
追肥

追肥は気温が上昇し始め、ツルが伸びてきてから行います。

株元よりもツルの先端付近に追肥を行いますが、ネットで縦栽培では株元になってしまいます。

葉の成長具合に応じて、回数、分量を調整してください。 正常に育っていれば、大きな葉が伸びてくるはずです。

9月下〜10月収穫
収穫

開花後、1ヶ月程度の完熟した実を収穫します。食べる場合は未熟なわかいものを収穫します。

たわしにするのであれば、最大の大きさで収穫するのがいいです。
栽培後半の管理
栽培後半の管理

梅雨明け後、気温があがってくると、勢いがまし、実が肥大してきます。。

高温時に本領を発揮する植物です。





ヘチマのツルが伸びる



病気の症状と生理障害



主な害虫

ウリハムシ、アブラムシ、エカキムシ、ダニ類、アワノメイガ、、、


主な品種

へちま、大長へちま、太へちま、ナーベラー


栽培時のポイント

寒い時期はやめておき、夏に入ってから植えるのがいいです。高温性のため、早植えしても成長が難しいです。

ツル性で大きく伸びるため、ビニールトンネルでの栽培も難しいです。また、目的が食用よりも、グリーンカーテンや、実をヘチマたわしにするのであれば、急いでもあまり変わりがないかもしれません。

夏場に入って成長が激しっくなったら、肥料分が切れないように追肥を与えてください。


食べ方

たわし以外に、炒め物で食べたりできるものもあります。沖縄のヘチマなどが有名です。









おすすめ商品は↓こちらから!


DC-HOUSE 12-24VDC 400W 風力発電機本体コントローラー付け

ゴキブリがいなくなるスプレー 200mL (防除用医薬部外品)




ゴーヤー水耕栽培公園、緑地モノクロ現像、カラー現像、フィルムカメラ山林熱帯魚の病気、飼い方海釣り公園海岸、浜、港水槽レイアウト菜の育て方壁、外壁、塀中古品(円)、スペック、レンズ構成(群、枚)、重さ、作例、写り、口コミ通販ショップ(円)、混泳可能、飼い方/育て方、エサ、温度、pH、gH、レイアウト