×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





 ウリの壺 - ホームガーデニングで育てよう!









ゴーヤーの育て方

ゴーヤーの育て方

ゴーヤーとは?

ゴーヤーは、熱帯アジア原産のウリ科の植物です。実の大きさは100g〜700gになる場合もあります。名称はツルレイシ、ニガウリですが、沖縄での呼び名がゴーヤ、ゴーヤーでした。

品種を選べば、だいぶ多くの数を収穫することができます。

海外でもゴーヤはありますが、だいぶイボが少ないものがあるようです。



〜正式名称について〜

学名:Momordica charantia L.var. pavel Crantz
英語名:Bitter melon
和名:ツルレイシ、ニガウリ
   


栽培方法

時期 育て方
3月中〜4月中土の準備

土の準備

植え付け前、2週間くらい前までに苦土石灰を1m²あたり200g施肥します。

肥料の施肥量は、品種や条件によって異なります。以下の基肥の施肥基準の一例と、肥料の袋の説明書きに従って検討してください。

10aあたりの基肥の施肥基準の一例
N:P2O5:K2O=26:32:26(kg) + 堆肥3トン


目安ですが、1m²あたり、牛糞たい肥を3kgか鶏糞たい肥1.5kgと、化成肥料(10:10:10)を260g程度まいて、よく耕しておきます。(肥料の使用量は袋の説明書きに従ってください。また、栽培していく中で、ご家庭で独自のベストな分量を見つけてみてください。)

深さは20〜30cmくらいの深さまで耕します。肥料と一緒に、バークや腐葉土などの有機質の土壌改良材を混ぜると、土がふかふかした状態をある程度期間、維持することができます。


4月上〜5月上種まき
種まき

発芽は、高温を必要とします。うまくいかないと、いつまでも発芽せずに種がだめになってしまいます。種の殻の一部を爪切りでカットして水につけてから播種する方法がありますが、低温時にはうまくいかないこともあります。発芽まで1ヶ月かかることもあります。

そういうときはカットしない方がいい発芽率だったという経験があります。また、もとから上手く発芽させられる割合が低いものの1つかもしれません。
4月中〜5月中苗を育てる
苗を育てる

家庭でも簡単に苗を育てられます。本葉が1〜2枚程度まで生えてくれば、定植可能です。


4月上〜5月下植え付け
植え付け

目安ですが、畝幅90cm、株間180cmぐらいとします。アーチ型支柱を立てます。ツルが張り巡らされますので、キュウリネットをはっておきます。


低温時期には、マルチを貼って植えつけます。地温が上昇し、早くから成長します。

5月上〜7月下育成、開花、着果
成長、開花、着果

植え付け後は風で伸びた茎が折れないように注意が必要です。ひもで固定してやるなどの対策が必要です。

育成自体は、ほとんど何もせずに栽培ができます。寒い時期にはマルチなどで栽培する必要があります。

うまく受粉させるために、同じゴーヤーの株を2,3本以上植えるようにとあります。もし、受粉がうまくいかない場合は、実が大きくならずに黄色くなり枯れていきます。

低温や低日照で株が大きくなっていないとき また、高温時期にも同様に受粉障害がおきるようです。
摘心
摘心

親蔓を摘心すると、子蔓がよく発生してきます。草勢のあるときに行わないと、逆に枯れそうになってしまいます。

節成ゴーヤは、親蔓の本葉が5枚目以上で摘心、節成でないゴーヤーは親蔓の本葉が5枚目以上で摘心後、子蔓もネット上端に到達後、摘心します。

気温によって摘心はしないほうがいいことがあります。1m以上になってから摘心する、摘心を全くしない方がいいこともあります。品種や生育状態によります。

5月下〜9月追肥
追肥

追肥は気温が上昇し始めたころより、株元よりもツルの先端付近に追肥を行います。しかし、現実的に難しい場合には、株元にばらけるように蒔くことでどうにかなります。

葉の成長具合に応じて、回数、分量を調整してください。 正常に育っていれば、大きな葉が伸びてくるはずです。化成肥料は根焼けの原因になりますので、しっかりと濃度を測って与えてください。

7月下〜10月上収穫
収穫

開花後2週間程度の若い実を収穫します。収穫し忘れると、黄色くなり、実が割れてしまいます。こうなる前にも、実がもさもさして食べれないようなものになります。

ある程度の大きさで収穫するのがいいです。夏場の猛暑期は小さくなります。柔らかくなり始めたら、急いで収穫したほうがいいです。
栽培後半の管理
栽培後半の管理

猛暑の頃に成長が最高になります。古い葉は黄色くなります。実を収穫し終わった下葉などは除去していき、子蔓をネットに絡ませていきよく成長するようにしていくと、ゴーヤの実がよくなります。

高温障害、乾燥による実の肥大不足、害虫の発生などがあります。秋まで収穫してから撤収します。















病気の症状と生理障害

うどんこ病、べと病、つる枯れ病、つる割病


主な害虫

ウリハムシ、ヨウトウガ、ネキリムシ


主な品種

アバシゴーヤ、さつま大長レイシ、中長ゴーヤ、白ゴーヤ、願寿ゴーヤ、節成ゴーヤ(F1種、各種)、ミニゴーヤ


栽培時のポイント

寒い時期や日陰にならないように気をつけます。

いい状態の時には、肥料分が切れないようにします。一度に与えきるのではなく、少量を分割して与えるほうがいいです。 真夏に、一度に2週間分の肥料を与えると、虫に食べられる可能性も高くなります。特に雨が降ると肥料分が一気に流れだすので、こまめに分割したほうがいいと思います。


食べ方

ゴーヤチャンプル、浅漬けにしておひたし、サラダなど












おすすめ商品は↓こちらから!


DC-HOUSE 12-24VDC 400W 風力発電機本体コントローラー付け

ゴキブリがいなくなるスプレー 200mL (防除用医薬部外品)




ゴーヤー水耕栽培公園、緑地モノクロ現像、カラー現像、フィルムカメラ山林熱帯魚の病気、飼い方海釣り公園海岸、浜、港水槽レイアウト菜の育て方壁、外壁、塀中古品(円)、スペック、レンズ構成(群、枚)、重さ、作例、写り、口コミ通販ショップ(円)、混泳可能、飼い方/育て方、エサ、温度、pH、gH、レイアウト